コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郡評論争 ぐんぴょうろんそう

世界大百科事典 第2版の解説

ぐんぴょうろんそう【郡評論争】

日本古代史学上の論争大化改新発令の646年(大化2)から大宝令制定の701年(大宝1)までの間の地方行政組織が《日本書紀》にみえる郡制か,金石文などにみえる評制か,さらに改新の詔の史料的信憑性をめぐって争われた。1951年井上光貞の発表によって論争が始まり,60年代に活発化する。おもな説は(1)制は飛鳥浄御原令施行の689年(持統3)以前の制で,改新の詔は浄御原令を転載したとする説(井上光貞,八木充,上田正昭),(2)改新の詔で郡制を制定したが実際は浄御原令まで旧来の国造制と暫定的な評制が併行したとする説(関晃),(3)大宝令施行まで評制が行われたとする説(磯貝正義)の3説である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郡評論争の関連キーワード評(ひょう)

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android