コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

井上光貞 いのうえ みつさだ

2件 の用語解説(井上光貞の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

井上光貞 いのうえ-みつさだ

1917-1983 昭和時代の日本史学者。
大正6年9月19日生まれ。井上馨(かおる)の曾孫。桂太郎の孫。東京帝大在学中から坂本太郎の指導をうけ,古代政治史・仏教史の実証的研究をおこなう。昭和42年東大教授,49年文学部長。56年国立歴史民俗博物館初代館長。昭和58年2月27日死去。65歳。東京出身。著作に「日本浄土教成立史の研究」「日本古代国家の研究」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

井上光貞
いのうえみつさだ
(1917―1983)

日本史学者。東京都生まれ。井上馨(いのうえかおる)の曽孫(そうそん)、首相となった桂太郎の孫。1942年(昭和17)東京帝国大学文学部国史学科を卒業し、大学院に進む。坂本太郎、和辻哲郎(わつじてつろう)に師事。1946年文学部助手、1949年教養学部助教授。1957年インドのデリー大学、1961年アメリカのハーバード大学で教鞭(きょうべん)をとる。1961年東京大学文学部教授。1978年同名誉教授。アカデミックで実証主義的な古代史研究を進め、国家と天皇の起源、古代仏教史、古代日本と東アジアなどと、きわめて広い分野で戦後古代史学の基礎を築いた。1981年国立歴史民俗博物館初代館長。著書に『日本古代史の諸問題』『日本浄土教成立史の研究』『日本国家の起源』『日本古代国家の研究』、自伝『わたくしの古代史学』『井上光貞著作集』など。1983年2月27日没。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

井上光貞の関連キーワード弥永貞三上横手雅敬北島正元栗田元次高橋富雄高柳光寿原田伴彦丸山二郎竜粛渡辺世祐

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

井上光貞の関連情報