コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷戸・房戸 ごうこぼうこ

世界大百科事典 第2版の解説

ごうこぼうこ【郷戸・房戸】

古代律令制下の人民支配の基礎単位。律令制では当時の実態的な家族である家をそのまま支配の単位とはせず,若干の法的擬制を加えてに編成し,50戸で1里を構成した。この里は郷里制の施行以後はと改称されたから,以後この郷を構成する戸を郷戸と呼ぶ。郷戸には戸主が置かれ,班田収授や貢租徴税の単位とされたが,郷里制の施行期間(715‐740)にはその郷戸内部をさらに1~3の房戸にわけ,郷戸と並んで貢租徴税上の責任を負わせることが行われた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

郷戸・房戸の関連キーワード寄口

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android