コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷戸 ごうこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷戸
ごうこ

古代の社会構成単位。令制では 50を1里 () とし,行政組織上の末端にあり,租税負担の単位であった。規模は,戸主以下数人から 100人以上にも及ぶものがある。郷戸は戸主の単なる血縁者だけの集団ではなく,これに寄口の家族,家人,奴婢などの非血縁者を含む大家族の場合が多い。この大家族のなかには房戸 (ぼうこ) といって血縁関係の強い 10人前後の小家族が含まれており,奈良時代の中頃からこれが賦課の単位となったという説もある。平安時代中期以後は,郷戸の実体は失われた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ごう‐こ〔ガウ‐〕【郷戸】

律令制の行政区画で、を構成する戸。50戸を1里(郷)とし、班田収授や調などの賦課はこの区画を単位とした。→郷里制

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

郷戸【ごうこ】

律令制での編成単位とされた複合家族正倉院に残る8世紀の戸籍計帳によると,1戸の家族員は数人〜100余人,平均20余人。郷里制が施行されると,郷戸内部は,消費生活を共にする2〜3の直系家族に近い房戸(ぼうこ)に分けられ,房戸は郷の下に設けられた2〜3の里の編成単位とされた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

ごうこ【郷戸】

律令制で、戸籍編成上の戸。五〇戸で一里(郷)を構成し、班田や租税賦課の基礎単位とされた。一郷戸の規模は大小さまざまであるが、普通二~三の小家族(房戸)から成る。 → 房戸ぼうこ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

郷戸
ごうこ

律令(りつりょう)支配の末端組織である戸。50戸をもって里(り)(のち郷)を構成するので郷戸とよぶ。戸籍・計帳上の単位で、1戸は10人前後から100人以上にも及び、夫婦、親子のほか寄口(きこう)、奴婢(ぬひ)なども含む。50戸1里制は7世紀末期から9世紀末ころまで行われたが、その間715年(霊亀1)から740年(天平12)までの時期には、郷里制施行に伴って、郷戸の下に2~3の房戸(1戸10人前後)を分かつ房戸制が施行された。[鬼頭清明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の郷戸の言及

【郷戸・房戸】より

…律令制では当時の実態的な家族である家をそのまま支配の単位とはせず,若干の法的擬制を加えてに編成し,50戸で1里を構成した。この里は郷里制の施行以後はと改称されたから,以後この郷を構成する戸を郷戸と呼ぶ。郷戸には戸主が置かれ,班田収授や貢租徴税の単位とされたが,郷里制の施行期間(715‐740)にはその郷戸内部をさらに1~3の房戸にわけ,郷戸と並んで貢租徴税上の責任を負わせることが行われた。…

【古代家族論】より

…その結果,日本の古代家族の特質は,基本的には地方豪族層の家父長制的奴隷制家族で,それが私的農業経営の主体になっていた,とまず解明された。さらに,そうした古代家族の形成・没落の運動法則を解明するため,古代家族の周辺の諸郷戸を含めて村落史とのかかわりにも考察の視野が広まった。そして,大小の郷戸じたいに根強く残る共同体的諸関係――たとえば家族構成・婚姻形態など――を,家族の結合紐帯を血縁・地縁に求める社会学的視角も含めてみる研究がすすんだ。…

※「郷戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

郷戸の関連キーワード戸主(こしゅ)郷戸・房戸井上長次郎家(いえ)里[日本]三津浄足肥君猪手律令制度穴穂部女性史役法戸田田籍余戸

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android