コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 こ

13件 の用語解説(戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


「郷戸房戸」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こ【戸】

[名]
と。とびら。また、家屋の出入り口。とぐち。
家。一家。「を構える」
律令制で、行政上、社会組織の単位とされた家。普通は2、3の小家族を含む20~30人の大家族が多い。
[接尾]助数詞。家の数を数えるのに用いる。「戸数500

こ【戸】[漢字項目]

[音](漢) [訓] へ
学習漢字]2年
〈コ〉
と。とびら。「戸外門戸
家。「戸主戸数戸籍戸別訪問
酒を飲む量。「下戸(げこ)上戸(じょうご)
〈と(ど)〉「戸口戸棚戸袋雨戸網戸井戸
[名のり]いえ・かど・ひろ・もり
[難読]破落戸(ごろつき)鳴戸(なると)八戸(はちのへ)

と【戸/門】

(戸)窓・出入り口などに取り付けて、開閉できるようにした建具。引き戸・開き戸などがある。「―をたてる」「鎧―(よろいど)」
出入り口。戸口。かど。もん。
「大き―よりうかがひて」〈崇神紀〉
水の流れの出入りする所。瀬戸。
「淡路島―渡る舟の梶間(かぢま)にも我は忘れず家をしそ思ふ」〈・三八九四〉

へ【戸】

民の家。また、それを数える語。
「秦人(はたひと)の―の数、惣(す)べて七千五十三―」〈欽明紀〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

戸【こ】

古代中国では社会の基礎的単位である〈家〉を〈戸〉として組織し統治の基礎的単位とした。日本には6―7世紀に導入され,部(べ)とは異なる組織原理として施行された。律令制下では若干の法的擬制を加えて編成した戸でもって,郷里(ごうり)制下の郷戸・房戸(ぼうこ)が構成された。

戸【と】

ドア。出入口や開口部を開閉するための建具の総称。開き戸引き戸,揚げ戸,掛け戸等があり,使用場所,使用目的,材料,大きさ,様式等により,妻戸(寝殿造における扉形式の戸),鎧(よろい)戸舞良(まいら)戸猿(さる)戸唐(から)戸枝折(しおり)戸等多種ある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

こ【戸】

古代の中国では,社会の基礎的な単位である〈家〉を〈戸〉として組織し,統治の基礎的な単位とした。家が社会的・私法的な存在であるのに対して,戸は政治的・公法的な単位であった。このような戸の制度は,朝鮮諸国を媒介にして日本にも継受され,6~7世紀ごろ,朝鮮からの帰化系氏族を朝廷に組織する際に,〈部〉とは異なる新しい組織原理として,〈戸〉の制度が施行されたと推定される。中国律令では,同居共財の家をそのまま戸とする原則であり,日本律令も〈家長を以て戸主とせよ〉という唐律令の規定をそのまま継受するが,古代日本の家や家長のあり方は,中国とはいちじるしく異なっていた。

と【戸】

建物の出入口に設けられた開閉のできる建具で,出入り以外は外部と内部を遮断する。広義には,窓,戸棚,門,乗物の乗降口に用いられる可動のものもいう。
[日本]
 平安時代《和名抄》では,戸は屋堂にあるもの,扉は門にあるものとし,用いられる建物の種類によって戸と扉を区別しているが,現在では引戸に対して回転式の開き戸を扉といい,機構による違いによって両者を区別するのが普通である。回転式のいわゆる扉の形式が古く,これには〈板扉〉(図1)と〈桟唐戸(さんからど)〉(図2)とがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こ【戸】

[1] ( 名 )
家の出入り口。戸口。また、とびら。と。
家。家屋。また、一家。
律令制で、地方行政における社会組織の最小単位。戸籍記載・賦課の単位でもあり、里や郷を構成する。 → 郷戸ごうこ
( 接尾 )
助数詞。家や世帯の数を数えるのに用いる。 「戸数百-」

と【戸】

〔「門」と同源〕
窓や出入り口、門・戸棚などに取り付け、開閉して内部と外部とを仕切ったり、出入り口を閉ざしたりするための建具の総称。 「雨-」 「 -をあける」

へ【戸】

民の家。また、戸籍。 「秦人の-の数、総て七千五十三-/日本書紀 欽明訓

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

家とインテリアの用語がわかる辞典の解説

と【戸/門】

建物・塀などの開口部に取り付けて開閉する建具の総称。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のの言及

【家族制度】より

…次に,これについて述べる。
[明治4年戸籍法による〈家〉制度の形成]
 〈家〉制度の形成に重大な役割を果たしたのは,1871年(明治4)の戸籍法であった。維新政府は,幕末の動乱期に輩出し,すでに新政府にも脅威となりつつあった脱籍浮浪者を〈取り締まる〉ことを手始めに,戸籍の全国的編製によって権力機構の日常的機能を可能とする体制を生み出そうとした。…

【相続】より

…また,相続は,財産法上の地位の承継であって,身分法上の地位(たとえば,夫であること)には及ばない。明治民法では戸主の地位の承継としての家督相続が認められていたが,現行民法はそれを全廃したため,相続は純粋に財産法上の地位すなわち権利・義務の総体の承継となった。なお,財産法上の権利義務であっても,扶養請求権のような一身専属的な性質を有するものは除外される(民法896条但書)。…

【建具】より

…これらの出入りを,ある場合には開口部のように自由に許し,ある場合には壁などのように仕切るという,相反する二つの機能を解決するためのものである。したがって,歴史的には,戸,障子,ふすま,ついたて,屛風のように,動かせる壁として,その二つの機能の解決をはかる機構のものが多い。現代では,建具の機能に対する要求も多様になり,それを解決する技術も進歩したことから,エアカーテンのように建具として受け取られがたい建具も出現している。…

※「戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

戸の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

戸の関連情報