コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房戸 ぼうこ

5件 の用語解説(房戸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房戸
ぼうこ

律令制時代の戸の一呼称。戸籍上の単位である郷戸 (ごうこ) を構成する 10人内外の小家族。初め郷戸は複数の房戸によって構成され,班田収授,租税などの単位であったが,天平時代になると房戸が賦課の単位とされるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐こ〔バウ‐〕【房戸】

律令制におけるの呼称の一。郷戸の中に含まれる10人前後の小家族。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

房戸【ぼうこ】

郷戸(ごうこ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ぼうこ【房戸】

715年、郷里制の施行とともに、それまでの郷戸ごうこのもとに設定された、さらに小規模な戸。740年頃、郷里制とともに廃止され旧に復した。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

房戸
ぼうこ

715年(霊亀1)から740年(天平12)までの間に、郷戸(ごうこ)の下に設定された戸の単位。この期間は郷の下に里(り)が置かれ、律令(りつりょう)政府の農民の掌握政策が強化されたことと関連して設置されたもの。721年(養老5)の下総(しもうさ)国葛飾(かつしか)郡大嶋(おおしま)郷戸籍に実例がある。[鬼頭清明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の房戸の言及

【郷戸・房戸】より

…この里は郷里制の施行以後はと改称されたから,以後この郷を構成する戸を郷戸と呼ぶ。郷戸には戸主が置かれ,班田収授や貢租徴税の単位とされたが,郷里制の施行期間(715‐740)にはその郷戸内部をさらに1~3の房戸にわけ,郷戸と並んで貢租徴税上の責任を負わせることが行われた。郷戸は郷の構成単位であるのに対し,房戸は郷の下に新たに設けられた2~3の里(コザト)の構成単位とされたのである。…

※「房戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

房戸の関連キーワードエルグキロワット時郷戸ダインステールラムダ貫籍通法戸の札アンペアターン(電磁気学)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

房戸の関連情報