コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

房戸 ぼうこ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

房戸
ぼうこ

律令制時代のの一呼称戸籍上の単位である郷戸 (ごうこ) を構成する 10人内外の小家族。初め郷戸は複数の房戸によって構成され,班田収授,租税などの単位であったが,天平時代になると房戸が賦課の単位とされるようになった。やがて戸籍,計帳のうえでは廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼう‐こ〔バウ‐〕【房戸】

律令制におけるの呼称の一。郷戸の中に含まれる10人前後の小家族。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

房戸【ぼうこ】

郷戸(ごうこ)

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ぼうこ【房戸】

715年、郷里制の施行とともに、それまでの郷戸ごうこのもとに設定された、さらに小規模な戸。740年頃、郷里制とともに廃止され旧に復した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

房戸
ぼうこ

715年(霊亀1)から740年(天平12)までの間に、郷戸(ごうこ)の下に設定された戸の単位。この期間は郷の下に里(り)が置かれ、律令(りつりょう)政府の農民の掌握政策が強化されたことと関連して設置されたもの。721年(養老5)の下総(しもうさ)国葛飾(かつしか)郡大嶋(おおしま)郷戸籍に実例がある。[鬼頭清明]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の房戸の言及

【郷戸・房戸】より

…この里は郷里制の施行以後はと改称されたから,以後この郷を構成する戸を郷戸と呼ぶ。郷戸には戸主が置かれ,班田収授や貢租徴税の単位とされたが,郷里制の施行期間(715‐740)にはその郷戸内部をさらに1~3の房戸にわけ,郷戸と並んで貢租徴税上の責任を負わせることが行われた。郷戸は郷の構成単位であるのに対し,房戸は郷の下に新たに設けられた2~3の里(コザト)の構成単位とされたのである。…

※「房戸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

房戸の関連キーワード菅原伝授手習鑑天満宮菜種御供里[日本]郷戸・房戸郷里制海東青寄口施行余戸

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android