コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷鎮企業 ごうちんきぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

郷鎮企業
ごうちんきぎょう

中国で人民公社解体後の 1985年頃から急増した農村企業の総称。人民公社の解体後,公社あるいは生産大隊が経営していた社隊企業は,中国農村の末端の行政単位である郷 (村) や (町) が経営する集団所有の郷鎮企業として再出発した。個別農家により農業経営の請負を行う農業経営請負制を導入したことにより生じた余剰労働力の多くは,これらの郷鎮企業に吸収された。郷鎮企業は,農業,工業,交通・運輸業,建築業など多方面にわたり,商品経済の発展を促した。しかし国営企業と異なり,資金や原材料の供給などで政府の保護を受けられないことから,最近は経済引締めの影響で倒産の危機に陥るものもみられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ごうちんきぎょう【郷鎮企業】

中国の郷(村)と鎮(町)における中小企業。村営、私営などさまざまな形態があり、市場経済化のなかで飛躍的に発展。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

郷鎮企業の関連キーワード新疆(ウイグル自治区)チベット(自治区)社会主義市場経済論中台経済交流中山(中国)江南(中国)江蘇(省)改革と開放中小企業三農問題合作社形態村営華東私営盲流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android