コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷静子 ゴウシズコ

3件 の用語解説(郷静子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ごう‐しずこ〔ガウしづこ〕【郷静子】

[1929~2014]小説家。神奈川の生まれ。本名、山口三千子。第二次大戦後、結核療養生活を送るかたわら日本文学学校に通い、野間宏の影響を受ける。戦争体験を綴った「れくいえむ」で芥川賞受賞。他に「小さな海と空」「夕空晴れて」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

郷静子【ごうしずこ】

作家。横浜市生まれ。本名・山口三千子(やまぐちみちこ)。鶴見高等女学校(現鶴見大学附属鶴見女子中学校高等学校)卒業。結核の療養生活中に新日本文学会・日本文学学校に通い,野間宏らに影響を受ける。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郷静子 ごう-しずこ

1929-2014 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和4年4月20日生まれ。戦後,結核の療養生活をおくる。そのかたわら日本文学学校にかよい,野間宏の影響をうける。昭和48年庶民の側からの戦争体験をつづった「れくいえむ」で芥川賞。平成26年9月30日死去。85歳。神奈川県出身。鶴見高女卒。本名は山口三千子。著作に「草莽(そうそう)」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

郷静子の関連キーワード登録記念物田爪愛里あゆみくりかまきHAPPY戦争文学アナール学派緑友利恵加藤理恵葉加瀬太郎村上仁史

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

郷静子の関連情報