コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

郷静子 ゴウシズコ

百科事典マイペディアの解説

郷静子【ごうしずこ】

作家。横浜市生まれ。本名・山口三千子(やまぐちみちこ)。鶴見高等女学校(現鶴見大学附属鶴見女子中学校・高等学校)卒業。結核の療養生活中に新日本文学会・日本文学学校に通い,野間宏らに影響を受ける。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

郷静子 ごう-しずこ

1929-2014 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和4年4月20日生まれ。戦後,結核の療養生活をおくる。そのかたわら日本文学学校にかよい,野間宏の影響をうける。昭和48年庶民の側からの戦争体験をつづった「れくいえむ」で芥川賞。平成26年9月30日死去。85歳。神奈川県出身。鶴見高女卒。本名は山口三千子。著作に「草莽(そうそう)」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

郷静子の関連キーワード夕空

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android