通い(読み)カヨイ

デジタル大辞泉「通い」の解説

かよい〔かよひ〕【通い】


㋐通うこと。行き来すること。「通いの電車賃をもらう」「血の通いがよくなる」
㋑(「…がよい」の形で)名詞に付いて、一定の場所に定期的に、あるいは、頻繁に行き来することを表す。「塾通い」「悪所通い
自宅から職場に通うこと。通い勤め。「通いの店員」
通い帳」の略。「通いで買い物をする」
宴席などで飲食の給仕をすること。
「五六人の小僧がいて、料理方もあれば、―をするものもあった」〈藤村千曲川のスケッチ
手紙などのやりとり。
「折々の御文の―など」〈澪標

がよい〔がよひ〕【通い】

かよ(通)い1㋑」に同じ。「医者通い」「悪所通い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android