コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

通い カヨイ

デジタル大辞泉の解説

かよい〔かよひ〕【通い】


㋐通うこと。行き来すること。「通いの電車賃をもらう」「血の通いがよくなる」
㋑(「…がよい」の形で)名詞に付いて、一定の場所に定期的に、あるいは、頻繁に行き来することを表す。「塾通い」「悪所通い
自宅から職場に通うこと。通い勤め。「通いの店員」
通い帳」の略。「通いで買い物をする」
宴席などで飲食の給仕をすること。
「五六人の小僧がいて、料理方もあれば、―をするものもあった」〈藤村千曲川のスケッチ
手紙などのやりとり。
「折々の御文の―など」〈澪標

がよい〔がよひ〕【通い】

かよ(通)い1㋑」に同じ。「医者通い」「悪所通い

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かよい【通い】

かようこと。行き来すること。 「血の-がよくなる」
自宅から仕事場へ毎日行き来すること。通勤。 ↔ 住み込み 「 -の職人さん」
「通い帳」の略。
飲食の給仕をすること。また、その人。また、茶席で亭主の手伝いをする人。 「ありつる宿に-しつる郎等なり/宇治拾遺 9
(「…がよい」の形で)名詞に付いて、ある場所にいつも行き来する意を表す。 「病院-」 「図書館-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

通いの関連キーワードboarding schoolコミューターカップル東京都台東区日本堤住み込み・住込み茶屋小屋這入りホームゲレンデ三板・舢板遠距離結婚下ろせ駕籠首尾の松有り通ふ山谷草履明道静江茶屋通い来慣れる馴染み客女房狂ひサンパン悪所通い盃の殿様

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

通いの関連情報