草莽(読み)ソウモウ

  • そうぼう サウバウ
  • そうぼう〔サウバウ〕
  • そうもう サウマウ
  • そうもう〔サウマウ〕
  • 草×莽

世界大百科事典 第2版の解説

語源的には草むら,やぶの意から,仕官しないで民間にある者をもさすが,日本では政治的意味あいをつよく帯びて使われた。もともと草は,諸侯やその体制に〈〉として忠誠を誓う在野の協力者であり,体制の危機に際しては何よりも忠誠に出た行動を期待されていた。けっして権力を志向してはならず,政治的活動の後には再び野に戻るべき人とされた。日本において草莽と自己規定した政治的発言者が登場するのは,幕藩体制が構造的危機の段階に入った18世紀後半からで,幕府政治に発言のルートのない者が自分を草莽に仮託して建言を始め,それはしだいに尊王論と結びついた内容となる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草むら、やぶの意味から転じて仕官しないで民間にいる在野の人をさす。官僚支配体制からはみでた人が意図的に草莽を意識するようになるのは18世紀後半からで、体制の危機に際してそのたて直しに励むという忠誠に出る行動が期待された。19世紀になると、草莽の意識は地方に住む豪農層に広まり、幕末の安政期には吉田松陰らが政治的決起論としての草莽崛起論(くっきろん)を唱え、各地に志士が輩出するようになった。草莽の志士は、脱藩浪士と豪農層出身者を中心とし、多くは尊王攘夷派に属した。1860年代(万延~慶応)には、天誅に莽走する段階から集団化して隊を結成し(草莽諸隊)、天誅組の変(大和五条の変)や生野の変をはじめとする蜂起事件を起こすが、明治維新に際して政治的には敗北した。

[高木俊輔]

『高木俊輔著『明治維新草莽運動史』(1974・勁草書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ぼう」は「莽」の漢音) =そうもう(草莽)
※都鄙問答(1739)二「農人は草莽(サウボウ)の臣なり」
〘名〙 (「もう」は「莽」の呉音)
① 草のおい茂っているところ。くさむら。そうぼう。
※随筆・折たく柴の記(1716頃)下「神殿草(さうまう)の中に朽ち廃れぬ」 〔陶潜‐帰園田居詩〕
② 民間。在野。そうぼう。
※江戸繁昌記(1832‐36)初「吾曹の、文字の間に促局して、以て草莽に老死するが如きにはあらざるなり」
※公議所日誌‐七下・明治二年(1869)四月「草より抜擢の朝臣等」 〔春秋左伝‐昭公元年〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android