コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

草莽 ソウボウ

6件 の用語解説(草莽の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

そう‐ぼう〔サウバウ〕【草×莽】

そうもう(草莽)

そう‐もう〔サウマウ〕【草×莽】

草が茂っている所。くさむら。そうぼう。
「地面は広大なるも只だ是れ―丘沢、無用の山川のみ」〈竜渓・浮城物語〉
民間。在野。そうぼう。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

そうもう【草莽】

語源的には草むら,やぶの意から,仕官しないで民間にある者をもさすが,日本では政治的意味あいをつよく帯びて使われた。もともと草莽は,諸侯やその体制に〈臣〉として忠誠を誓う在野の協力者であり,体制の危機に際しては何よりも忠誠に出た行動を期待されていた。けっして権力を志向してはならず,政治的活動の後には再び野に戻るべき人とされた。日本において草莽と自己規定した政治的発言者が登場するのは,幕藩体制が構造的危機の段階に入った18世紀後半からで,幕府政治に発言のルートのない者が自分を草莽に仮託して建言を始め,それはしだいに尊王論と結びついた内容となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

そうぼう【草莽】

そうもう【草莽】

〔「そうぼう」とも〕
くさむら。田舎。
民間。在野。世間。 「 -の志士」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

草莽
そうもう

草むら、やぶの意味から転じて仕官しないで民間にいる在野の人をさす。官僚支配体制からはみでた人が意図的に草莽を意識するようになるのは18世紀後半からで、体制の危機に際してそのたて直しに励むという忠誠に出る行動が期待された。19世紀になると、草莽の意識は地方に住む豪農層に広まり、幕末の安政期には吉田松陰らが政治的決起論としての草莽崛起論(くっきろん)を唱え、各地に志士が輩出するようになった。草莽の志士は、脱藩浪士と豪農層出身者を中心とし、多くは尊王攘夷派に属した。1860年代(万延~慶応)には、天誅に莽走する段階から集団化して隊を結成し(草莽諸隊)、天誅組の変(大和五条の変)や生野の変をはじめとする蜂起事件を起こすが、明治維新に際して政治的には敗北した。[高木俊輔]
『高木俊輔著『明治維新草莽運動史』(1974・勁草書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

草莽の関連キーワード処士野客野鶴藪に目藪医者藪の中村山与右衛門藪内紹節藪内紹貞ヤブカ(藪蚊)

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

草莽の関連情報