鄙事(読み)ひじ

精選版 日本国語大辞典「鄙事」の解説

ひ‐じ【鄙事】

〘名〙 いやしい事柄。鄙俗な仕事。
※史記抄(1477)一二「身をなげて死し無益ほどに、は鄙事をして身を致たぞ」
※明六雑誌‐一二号(1874)政論・三〈津田真道〉「廃藩の後諸公漸く鄙事に慣れ」 〔論語‐子罕〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android