コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭永邦 てい えいほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭永邦 てい-えいほう

1863*-1916 明治-大正時代の外交官。
文久2年12月28日生まれ。鄭永寧の子。鄭永昌の弟。北京公使館員となり,明治18年北京会談で伊藤博文の通訳をつとめる。北清(ほくしん)事変では北京公使館をまもり,清(中国)との交渉にあたった。38年小村寿太郎に随行して北京条約締結につくす。大正5年8月20日死去。55歳。肥前長崎出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

鄭永邦の関連キーワード大正時代

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android