コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

鄭永邦 てい えいほう

1件 の用語解説(鄭永邦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

鄭永邦 てい-えいほう

1863*-1916 明治-大正時代の外交官。
文久2年12月28日生まれ。鄭永寧の子。鄭永昌の弟。北京公使館員となり,明治18年北京会談で伊藤博文の通訳をつとめる。北清(ほくしん)事変では北京公使館をまもり,清(中国)との交渉にあたった。38年小村寿太郎に随行して北京条約締結につくす。大正5年8月20日死去。55歳。肥前長崎出身。東京外国語学校(現東京外大)卒。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

鄭永邦の関連キーワード浅野忠純桂徳次下平用彩田阪信太郎野沢重吉広田守信牧野貞寧松井芳雄桃井日威大正時代美術