配・賦(読み)くばり

  • くば・る

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (動詞「くばる(配)」の連用形の名詞化)
① 配ること。また、配った位置。
※御湯殿上日記‐文明九年(1477)正月四日「御あふきの御くはり」
② 注意を行きわたらせて、何かを見たり、体を動かしたり、気を使ったりすること。
※道程(1914)〈高村光太郎〉金秤「休む瀬のない気のくばり」
③ 中世、幕府の所領についての訴訟手続で、訴人が提出した訴状を受理する役所(所務賦)。またその訴状を一方の引付方(ひきつけかた)に配ること、およびその役人(賦奉行)をいう。
※熊谷家文書‐嘉暦三年(1328)七月二三日・関東下知状「始属賦、以見存虎一無躰之由掠申之
④ 近世、軍役の割当て。
※伊達家文書‐天正一六年(1588)二月一五日・伊達政宗書状「併諸口之賦等、手堅申付候条、可心安候」
⑤ 生花で筒の口に股木(またぎ)をはめて、花を支えること。また、その股木。
〘他ラ五(四)〙 (上代語「くまる」の変化した形)
① 割り当てて渡す。分けて与える。配分する。
※書紀(720)仁徳六二年是歳(前田本訓)「季冬(しはす)に当る毎に、必ず、氷を蔵む。春分(きさらき)に至りて始めて氷を散(クハル)
② 配慮、注意などを広くいきわたらせる。「気を配る」
※宇津保(970‐999頃)春日詣「さあまたにくばりし心をただひと所になりたりかし」
※太平記(14C後)二五「大将に近付んと目を賦(クバ)る」
③ (相応の人を見つけてあちこちに)めあわせる。とつがせる。結婚させる。
※宇津保(970‐999頃)菊の宴「くちをしうつたなきのみ侍れど『さ言ひて侍らんやは』とてなん、これかれにくばり侍ること侍しに」
④ 必要に応じて適当な所におく。配置する。
※徒然草(1331頃)二一九「かやうに間々に皆一律を盗めるに、五の穴のみ、上の間に調子を持たずして、しかも間をくばる事等しき故にその声不快なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android