コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

賦奉行 くばりぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

賦奉行
くばりぶぎょう

鎌倉幕府では,民事訴訟訴人から受取った訴状を,裁判機関の引付に順次配る職員をいい,問注所に所属した。 15世紀の室町幕府では,管領家臣奉行となり,裁判担当の奉行人に訴状を配るようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ふぶぎょう【賦奉行】

鎌倉・室町幕府の職名。訴訟の際、訴状の裏に年月日と奉行の名を記し、五方引付に分配する役。賦別くばりわけ奉行。くばりぶぎょう。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の賦奉行の言及

【賦】より

…またこの手続にあずかる幕府の機関も賦と称された。この手続を担当する役人は賦奉行であるが,単に賦とも呼ばれた。鎌倉幕府は訴訟制度を発達させたが,執権北条時頼の時代には,訴訟専門の審理機関として引付(ひきつけ)が設けられた。…

※「賦奉行」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

賦奉行の関連キーワード所務沙汰

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android