コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒中花 シュチュウカ

デジタル大辞泉の解説

しゅちゅう‐か〔‐クワ〕【酒中花】

ヤマブキの茎の髄などで、花・鳥などの小さな形を作り、杯や杯洗などに浮かべると、開くようにしたもの。 夏》

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅちゅうか【酒中花】

ヤマブキ・タラなどの木の芯しんで作った、花や鳥の形の小さな細工物。杯に入れて酒を注ぐと水分を含んで開く。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の酒中花の言及

【水中花】より

…江戸時代に中国から渡来したものらしい。延宝年間(1673‐81)のころから酒席の遊びとして杯に浮かべて楽しんだので,〈酒中花〉あるいは〈杯中花〉ともよばれた。1695(元禄8)刊の《西鶴俗つれづれ》(井原西鶴)には〈桜をあるとき酒中花にしかけて〉とあり,同じくその挿絵に〈長さき酒中花つくり花からくり〉と記した看板が描かれている。…

※「酒中花」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

酒中花の関連キーワード石田 波郷田中 雨村石田波郷細工物水中花

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android