コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井仲 さかい ちゅう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井仲 さかい-ちゅう

1770-1830 江戸時代後期の奇行家。
明和7年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井忠温(ただはる)の子。和漢の学に精通し,書画や狂歌をよくした。放逸な性格で放浪癖があった。十返舎一九(じっぺんしゃ-いっく)の「東海道中膝栗毛」は,仲の道中記「膝栗毛」を手本にしてなったという。文政13年1月5日死去。61歳。名は忠輔。号は古調,俳歌堂,卍葉。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井仲の関連キーワード産業革命奴隷制廃止運動ハスキソン民衆を導く自由の女神パーマストン(子)ギゾースタンダールフランス史(年表)チェルシー磁器ノース

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android