コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井仲 さかい ちゅう

1件 の用語解説(酒井仲の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井仲 さかい-ちゅう

1770-1830 江戸時代後期の奇行家。
明和7年生まれ。上野(こうずけ)(群馬県)伊勢崎藩主酒井忠温(ただはる)の子。和漢の学に精通し,書画や狂歌をよくした。放逸な性格で放浪癖があった。十返舎一九(じっぺんしゃ-いっく)の「東海道中膝栗毛」は,仲の道中記「膝栗毛」を手本にしてなったという。文政13年1月5日死去。61歳。名は忠輔。号は古調,俳歌堂,卍葉。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

酒井仲の関連キーワード墨染阿部董琳佐武臥月篠田琴風関根孔年千宗室(10代)双竹原田圭岳松平頼慎嶺斎泉里