膝栗毛(読み)ヒザクリゲ

大辞林 第三版の解説

ひざくりげ【膝栗毛】

〔膝を栗毛の馬の代用とする意から〕 徒歩で旅行すること。 「一調の番組を勤め済まして、あとを-で帰る途中であつた/歌行灯 鏡花
十返舎一九作の「東海道中膝栗毛」をはじめとする一連の作品の称。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひざ‐くりげ【膝栗毛】

[1] 〘名〙
① 馬やかごなどの乗り物に乗らないで、徒歩で旅行すること。
※四河入海(17C前)二三「別に求はないぞ。さる程にひさくりけでいくぞ」
② 住所を定めないで諸方を浮浪すること。
[2] 滑稽本。十返舎一九作。主人公彌次郎兵衛・喜多八(北八)が東海道を経て京・大坂を見物するまでの八編が正編「東海道中膝栗毛(浮世道中膝栗毛)」。「続膝栗毛」は、金毘羅・宮島を参詣し、木曾街道善光寺を経て中山道を通り江戸帰着までを扱う一二編。読者の好評にこたえ、享和二年(一八〇二)以後文政五年(一八二二)まで、二一年にわたって書き継がれた。後にも「続々膝栗毛」三編、その他類作を多く書くが、「続膝栗毛」以下は、ややマンネリ化して低調と評されている。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

膝栗毛の関連情報