酒井忠顕(読み)さかい ただてる

美術人名辞典の解説

酒井忠顕

江戸後期の大名。姫路藩酒井家七代当主。田原藩主三宅康直の二男。幼名は稲若、雅号は霽山。軍備の拡充・武術の発達に意を注ぎ、また倹約を命じて財政改革を行った。万延元年(1860)歿、25才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井忠顕 さかい-ただてる

1836-1860 幕末の大名。
天保(てんぽう)7年生まれ。三河(愛知県)田原藩主三宅康直(やすなお)の次男。従兄(いとこ)である宗家の酒井忠宝(ただとみ)の養子となり,嘉永(かえい)6年播磨(はりま)(兵庫県)姫路藩主酒井家7代。軍備を拡充し,西洋型帆船を建造した。万延元年10月14日死去。25歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android