酒井政辰(読み)さかい まさとき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井政辰 さかい-まさとき

?-1603 織豊時代の武将。
酒井敏房(としふさ)の長男。上総(かずさ)(千葉県)東金(とうがね)城主。宗家の酒井康治(やすはる)とともに里見一族とたたかう。のち北条氏政(うじまさ)につかえ,天正(てんしょう)18年北条氏が敗れると,蟄居(ちっきょ)した。慶長8年11月22日死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android