コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井康治 さかい やすはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井康治 さかい-やすはる

1546-1608 織豊時代の武将。
天文(てんぶん)15年生まれ。上総(かずさ)(千葉県)土気(とけ),本納(ほんのう)両城主。北条氏康(うじやす),氏政(うじまさ)につかえ,天正(てんしょう)18年北条氏が敗れると蟄居(ちっきょ)。のち徳川家康に属し,大久保忠隣(ただちか)にあずけられ,小田原城にうつった。慶長13年11月3日死去。63歳。通称は小太郎,左衛門佐。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

酒井康治の関連キーワード多賀忠郡酒井政辰土気城

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android