コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酒井重忠 さかい しげただ

2件 の用語解説(酒井重忠の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

酒井重忠 さかい-しげただ

1549-1617 織豊-江戸時代前期の武将,大名。
天文(てんぶん)18年生まれ。酒井正親(まさちか)の次男。父とともに徳川家康につかえ姉川の戦い,長久手(ながくて)の戦いなどに出陣。天正(てんしょう)4年家督をつぎ三河(愛知県)西尾城主。武蔵(むさし)川越城主をへて,慶長6年上野(こうずけ)(群馬県)厩橋(うまやばし)(のち前橋)藩主酒井家初代となった。3万3000石。元和(げんな)3年7月21日死去。69歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さかいしげただ【酒井重忠】

1549‐1617(天文18‐元和3)
戦国末期から織豊期にかけて徳川家康に仕えた武将。のち譜代大名となる。出自は酒井氏雅楽頭(うたのかみ)系嫡流7代。通称与四郎。河内守,従五位下に叙任。父正親とともに家康に仕え,1584年(天正12)長久手の戦等に功があった。86年遺領を継ぎ西尾城主。90年家康の関東入国のとき武蔵国川越城主1万石,1601年(慶長6)上野国厩橋(まやばし)城主となり,3万3000石余を領した。【所 理喜夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の酒井重忠の言及

【川越藩】より

…江戸に近い番城として老中などの重臣が配置された。1590年(天正18)酒井重忠が川越城1万石を領したのが藩の起りである。重忠は城下町の諸役を免除し商人の集住を図ったが,1601年(慶長6)上野国厩橋(まやばし)に移った。…

※「酒井重忠」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

酒井重忠の関連キーワード岡田幸樹藤田清二細川智三日和佐裕子竹内清人久保和明ケットの乱酒井重忠鳥取(市)リメーク映画

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone