コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酔翁談録 すいおうだんろくZui-weng tan-lu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酔翁談録
すいおうだんろく
Zui-weng tan-lu

中国,随筆雑録。羅ようの著。 10集,20巻。著者の経歴は未詳。物語,逸話笑話詩歌など,多く前人の作を寄せ集めたもの。作品的価値は少いが,当時の民間文芸に関する記録,特に都市で流行した講談およびそのテキストを題材によって分類し,代表的な題名をあげているのが,小説史研究上重要な資料となっている。原本は日本の伊達家文庫から初めて発見された。ほかに宋の金盈之 (きんえいし) の著として同名の8巻の書があり,やはり逸話や史実を記載するが,まったく別書である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

酔翁談録
すいおうだんろく

中国、唐宋(とうそう)の伝奇小説、雑文、および遊戯的文章を集めた類書の一種。江西省吉安の人羅(らよう)の手になる。『緑窗新話(りょくそうしんわ)』とともに、宋代説話人(講釈師)の種本の一つと推定されている。とくにその「小説開闢(かいびゃく)」の一編は、当時の小説(講釈の一種)の名目を霊怪、煙粉、伝奇、公案、朴刀(ぼくとう)、桿棒(かんぼう)、神仙、妖術(ようじゅつ)の8類107種にわたってあげており、宋代の俗文学、初期白話(はくわ)小説研究の貴重な資料ともなっている。羅の伝は未詳であるが、書中元(げん)人のことに触れる部分がある。『適園叢書(そうしょ)』に収められる金盈之(きんえいし)の同題の書とは別書。わが国の伊達(だて)家観瀾閣(かんらんかく)より発見された元初の版が現在天理図書館に所蔵される。1959年(昭和34)国の重要文化財指定を受けた。影印本がある。[大塚秀高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

酔翁談録の関連キーワード水滸伝

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android