コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酢酸ウラニル サクサンウラニル

2件 の用語解説(酢酸ウラニルの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

さくさん‐ウラニル【酢酸ウラニル】

ウラン化合物の一つ。国際規制物資(放射性物質)で、法律によって厳しい管理が義務づけられている。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

さくさんウラニル【酢酸ウラニル uranyl acetate】

化学式UO2(CH3COO)2。通常知られているのは2水和物UO2(CH3COO)2・2H2Oであるが,ほかには無水和物および3水和物も知られている。いずれも黄色の結晶。2水和物は斜方晶系板状あるいは柱状晶,比重2.89(15℃)。蛍光を発し,結晶を摩砕すると摩擦ルミネセンスを示す。水に可溶,溶解度7.73g/100g(17℃)。エチルアルコールにも溶ける。エーテルには不溶。熱すると空気中では60℃までは安定であるが,それ以上では分解を始め,110℃で水を失い,無水和物となる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone