酢酸ビニル樹脂(読み)サクサンビニルジュシ

  • vinyl acetate resin
  • 酢酸ビニル樹脂 vinylacetate resin

百科事典マイペディアの解説

ポリ酢酸ビニル樹脂。酢酸ビニルを重合して得られる熱可塑性樹脂。軟化点が低いので成形材料には用いられず,溶液または乳化液として塗料や接着剤に使用したり,チューインガムのベースとなる。ポリビニルアルコールの原料,塩化ビニル樹脂の共重合用原料としても用いられる。
→関連項目酢酸ビニルビニル樹脂ポリ酢酸ビニル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

化学辞典 第2版の解説

酢酸ビニルを重合して得られた樹脂.固くてもろい.40~50 ℃ の低い軟化点をもつ.白色の無毒性で,チューイングガムベースとして用いられている.芳香族炭化水素またはクロロアルカン,ケトン,低級アルコール,エステルなどに可溶,脂肪族炭化水素に不溶.接着剤,塗料,繊維加工,紙加工,合成繊維ビニロン用として使用されている.[CAS 9003-20-7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android