コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸性霧 さんせいむacid fog

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸性霧
さんせいむ
acid fog

工場,火力発電所,自動車などで使用される石油・石炭などの燃料によって生成され,大気中に放出される二酸化硫黄窒素酸化物が,大気中で硫酸硝酸に酸化されるが,その硫酸・硝酸などを含んで酸性化した霧のことを酸性霧という。大気中に放出された二酸化硫黄,窒素酸化物などは水が介在しているほうが酸化されやすい。また,霧は滞留時間も長いので,通常,酸性霧のほうが酸性雨よりも pHが低い。植物の葉面などにも霧のほうが雨よりも吸着されやすく,したがって,植物への影響も酸性雨よりも大きいと考えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

さんせい‐む【酸性霧】

酸性の大気汚染物質を含んだ霧。空気中に長時間漂っているため、酸性雨より酸性度が強く、森林などに大きな被害を及ぼす。→酸性雨

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

さんせいむ【酸性霧】

酸性の大気汚染物質が雨水ではなく、大気中に浮遊する霧に取り込まれたもの。酸性雨よりはるかに長時間、空気中に漂っているため、大気汚染物質を多く吸収し、酸性度が強い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android