コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

酸欠空気 さんけつくうきenvironmental oxygen deficiency

2件 の用語解説(酸欠空気の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

酸欠空気
さんけつくうき
environmental oxygen deficiency

地下の工事現場などで地層のすきまや工事用の穴から吹出してくる酸素含量の少い空気。酸素欠乏症防止規則では,空気中の酸素の濃度が 18%未満の状態をいう。通常の濃度は 21%程度。酸欠を起す原因は,鉄分の多い砂礫層から地下水が汲上げられ,空気で置換されたときに,鉄分と酸素が反応し酸素が消費されるためとされ,これに圧気工法で空気が吹込まれた場合や,低気圧のときに大量に外へ吹出し,死者を出すこともある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone