コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

里見岸雄 さとみ きしお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

里見岸雄 さとみ-きしお

1897-1974 昭和時代の国家主義者。
明治30年3月28日生まれ。田中智学の3男。ヨーロッパ留学後,大正13年里見日本文化学研究所(のち国体科学連盟)を創設し,日蓮主義を基とする国体学を提唱した。昭和11年日本国体学会を創立。戦後は憲法改正をとなえ,30年立正教団をつくる。昭和49年4月18日死去。77歳。東京出身。早大卒。著作に「国体学総論」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

里見岸雄の関連キーワード国家主義者昭和時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android