コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重クロム酸 ジュウクロムサン

4件 の用語解説(重クロム酸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

じゅう‐クロムさん〔ヂユウ‐〕【重クロム酸】

二(に)クロム酸の俗称。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

じゅうクロムさん【重クロム酸】

クロム酸さん

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

重クロム酸
じゅうクロムさん

二クロム酸」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重クロム酸
じゅうくろむさん
bichromic acid

化学式H2Cr2O7となるクロム()の二核オキソ酸。正式名称は二クロム酸dichromic acidであるが、歴史の長い重クロム酸の名称も慣用されている。組成の誤解から命名された重炭酸や重硫酸と異なり、重クロム酸は二核オキソ酸であるから、その名称は誤称ではない。溶液でのみ存在し、遊離酸は得られていないが、塩は知られている。水溶液中では黄色のクロム酸イオンCrO42-と平衡にあり、酸性側では橙赤(とうせき)色の重クロム酸イオンが支配的となる。
Cr2O72-+H2O2H++2CrO42-
 強力な酸化剤である。[岩本振武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の重クロム酸の言及

【二クロム酸】より

…化学式H2Cr2O7。重クロム酸bichromic acidともいうが,これは誤称である。遊離の状態では得られず,酸化クロム(VI) CrO3の水溶液中でクロム酸H2CrO4と平衡を保っていることが知られている。…

※「重クロム酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

重クロム酸の関連キーワードクロム酸クロム酸カリウム二クロム酸二クロム酸カリウム二クロム酸ナトリウムクロム酸混液クロム鞣酸化クロムブロムクロムイェロー

重クロム酸の関連情報