重クロム酸(読み)じゅうクロムさん

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

重クロム酸
じゅうくろむさん
bichromic acid

化学式H2Cr2O7となるクロム()の二核オキソ酸。正式名称は二クロム酸dichromic acidであるが、歴史の長い重クロム酸の名称も慣用されている。組成の誤解から命名された重炭酸や重硫酸と異なり、重クロム酸は二核オキソ酸であるから、その名称は誤称ではない。溶液でのみ存在し、遊離酸は得られていないが、塩は知られている。水溶液中では黄色のクロム酸イオンCrO42-と平衡にあり、酸性側では橙赤(とうせき)色の重クロム酸イオンが支配的となる。
Cr2O72-+H2O2H++2CrO42-
 強力な酸化剤である。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じゅう‐クロムさん ヂュウ‥【重クロム酸】

〘名〙 (クロムはChrom) 化学式 H2Cr2O7 であらわされる酸。各種の塩が知られているが、遊離の状態では得られていない。正式名称は二クロム酸。
※機械(1930)〈横光利一〉「いつの間にか危険な重クロムサンの酸液と入れ換へられてゐたりしてゐるのが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の重クロム酸の言及

【二クロム酸】より

…化学式H2Cr2O7。重クロム酸bichromic acidともいうが,これは誤称である。遊離の状態では得られず,酸化クロム(VI) CrO3の水溶液中でクロム酸H2CrO4と平衡を保っていることが知られている。…

※「重クロム酸」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android