重井鹿治(読み)しげい しかじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重井鹿治 しげい-しかじ

1902-1966 昭和時代の社会運動家,政治家。
明治35年1月1日生まれ。北海道で農民運動を指導。郷里の岡山県にかえり,昭和5年倉敷一般労組を結成,委員長となり,倉敷紡績万寿工場などの争議に関与。12年衆議院選に立候補したが次点落選,人民戦線事件検挙・投獄された。その直後西村丹治郎議員死去で繰り上げ当選となったが登院できず辞任。22年衆議院議員に当選(社会党)。昭和41年2月16日死去。64歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android