コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

司政官 しせいかん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

司政官
しせいかん

第2次世界大戦中,旧日本陸海軍が占領地の行政を行わせるため,特に設けた軍の文官。占領地は国家として独立するまで原則として作戦軍の軍政下におかれ,その間の一般行政実行の責任者は軍政監としての作戦軍参謀長であったが,現地の行政担当者として司政長官 (勅任) ,司政官 (奏任) などがおかれた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

しせい‐かん〔‐クワン〕【司政官】

太平洋戦争中、旧日本軍の南方占領地域で地方行政を担当した文官。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

しせいかん【司政官】

太平洋戦争中東南アジア占領地域における日本の軍政を補佐した陸海軍の臨時職員。1941年12月27日公布の特設海軍部隊臨時職員設置制,42年3月7日公布の陸軍特設部隊等臨時職員設置制,陸軍司政官及び海軍司政官特別任用令の3法令にもとづいて設置された。司政官は軍人・官吏および民間人から抜擢任命され,各地軍政の長官である軍司令官や艦隊司令長官以下で構成された軍政部(1942年7月以後は軍政監部)の顧問として軍政の実施に参画し,軍政部の補佐役を務めた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しせいかん【司政官】

第二次大戦中、日本軍が占領地の行政のために置いた臨時の職員。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

司政官の関連キーワードイェルワジ(牙老瓦赤)パトリーツィ只野 直三郎佐々木 元勝古沢 安二郎青木 英五郎小笠原 義勝サッケッティ引き潮のとき平賀 健太石破 二朗東海林 稔島田 謹二山崎 釼二佐々木元勝山本 利寿小笠原義勝重井 鹿治青木文教フーリエ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

司政官の関連情報