コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

重兼芳子 シゲカネヨシコ

2件 の用語解説(重兼芳子の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しげかね‐よしこ【重兼芳子】

[1927~1993]小説家。北海道の生まれ。「やまあいの煙」で芥川賞受賞。病気と闘いながら、生と死、老い、病をテーマに多くの著作を残す。他に「夫と妻の老い支度」「さよならを言うまえに」など。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

重兼芳子 しげかね-よしこ

1927-1993 昭和後期-平成時代の小説家。
昭和2年3月7日生まれ。朝日カルチャーセンターの小説教室で駒田信二にまなぶ。昭和54年52歳のとき「やまあいの煙」で芥川賞キリスト教信仰をもち,老人問題,ホスピス問題にもとりくんだ。平成5年8月22日死去。66歳。北海道出身。福岡県の田川高女卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

重兼芳子の関連キーワード日活(株)怪獣世界遺産コン リー海洋文学スズキ ワゴンRりんたろうパニック!アブハジア紛争うわさSF映画

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone