コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒田信二 こまだ しんじ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒田信二 こまだ-しんじ

1914-1994 昭和後期-平成時代の小説家,中国文学者。
大正3年1月14日生まれ。昭和23年中国での戦争体験をえがいた「脱出」で人間文学賞。ほかに「石の夜」「島」などがある。中国古典に取材した随筆や翻訳でも知られ,訳書に「水滸伝(すいこでん)」など。「文学界」の同人雑誌評を20年あまりつづけ,54年菊池寛賞。島根大,桜美林大,早大の教授をつとめた。平成6年12月27日死去。80歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒田信二
こまだしんじ
(1914―1994)

小説家、中国文学者。大阪に生まれ、三重県で育つ。東京帝国大学中国文学科卒業。1948年(昭和23)『人間』に発表した『脱出』は、中国での戦争体験に基づくヒューマンな作品で、人間文学賞を受賞(翌年鎌倉文庫刊)。その後も『石の夜』(1957)、『島』(1971)など重厚な小説を刊行。『文学界』の同人雑誌評を長らく担当し、また朝日カルチャー・センターの駒田教室より、芥川(あくたがわ)賞作家の重兼芳子(しげかねよしこ)が出た。『水滸伝(すいこでん)』『棠陰比事(とういんひじ)』『今古奇観』など中国文学の訳書、『私の小説教室』(1981)、『江戸小咄(こばなし)』(1985)などの著書もある。島根大学教授、早稲田(わせだ)大学客員教授を務めた。[紅野敏郎]
『『脱出』(『現代の文学38』所収・1974・講談社) ▽『島』(1971・筑摩書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

駒田信二の関連キーワード一条 さゆり(1代目)一条 さゆり(初代)久保田 正文林 富士馬棠陰比事紅野敏郎好色文学今古奇観西湖佳話小松伸六重兼芳子趙樹理笑府沈淪笑林

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android