コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒田信二 こまだ しんじ

2件 の用語解説(駒田信二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

駒田信二 こまだ-しんじ

1914-1994 昭和後期-平成時代の小説家,中国文学者。
大正3年1月14日生まれ。昭和23年中国での戦争体験をえがいた「脱出」で人間文学賞。ほかに「石の夜」「島」などがある。中国古典に取材した随筆や翻訳でも知られ,訳書に「水滸伝(すいこでん)」など。「文学界」の同人雑誌評を20年あまりつづけ,54年菊池寛賞。島根大,桜美林大,早大の教授をつとめた。平成6年12月27日死去。80歳。三重県出身。東京帝大卒。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒田信二
こまだしんじ
(1914―1994)

小説家、中国文学者。大阪に生まれ、三重県で育つ。東京帝国大学中国文学科卒業。1948年(昭和23)『人間』に発表した『脱出』は、中国での戦争体験に基づくヒューマンな作品で、人間文学賞を受賞(翌年鎌倉文庫刊)。その後も『石の夜』(1957)、『島』(1971)など重厚な小説を刊行。『文学界』の同人雑誌評を長らく担当し、また朝日カルチャー・センターの駒田教室より、芥川(あくたがわ)賞作家の重兼芳子(しげかねよしこ)が出た。『水滸伝(すいこでん)』『棠陰比事(とういんひじ)』『今古奇観』など中国文学の訳書、『私の小説教室』(1981)、『江戸小咄(こばなし)』(1985)などの著書もある。島根大学教授、早稲田(わせだ)大学客員教授を務めた。[紅野敏郎]
『『脱出』(『現代の文学38』所収・1974・講談社) ▽『島』(1971・筑摩書房)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

駒田信二の関連キーワードトム ハンクス演出イタリア映画ロッキード事件シャ乱Q記者クラブ桜島(鹿児島湾)アルバニア文学拡散角閃石黒雲母花崗岩

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駒田信二の関連情報