コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野上陳令 のがみ のぶはる

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野上陳令 のがみ-のぶはる

1774-1846 江戸時代後期の儒者。
安永3年10月8日生まれ。出羽(でわ)久保田藩(秋田県)藩士。江戸で山本北山にまなび,帰藩後は藩校明徳館教授,評定奉行上席,藩校祭酒(学長)などを歴任。督学として藩内の郷校を監督,指導したほか,私塾興進堂をひらいた。弘化(こうか)3年2月25日死去。73歳。字(あざな)は安民,子正。通称は東蔵,のち国佐。号は好古堂,楢山など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野上陳令の関連キーワード儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android