野元綱明(読み)のもと つなあきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野元綱明 のもと-つなあきら

1858-1922 明治時代の軍人。
安政5年2月15日生まれ。横須賀鎮守府参謀,ロシア公使館付武官などをへて明治37年朝日艦長となり,日本海海戦で活躍。43年第一艦隊司令官。44年海軍中将。大正11年12月7日死去。65歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍兵学校卒。本姓伊集院

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野元綱明

没年:大正11.12.7(1922)
生年:安政5.2.15(1858.3.29)
明治大正期の海軍軍人。鹿児島県出身。明治14(1881)年海軍兵学校を卒業後,横須賀鎮守府参謀,軍令部出仕などを経て,37年戦艦「朝日」艦長に任じられ,日本海海戦では第1艦隊の主力となって活躍した。戦後少将に進み,43年第1艦隊司令官,さらに翌年中将。大正2(1913)年予備役編入。明治30年前後に大使館付武官などとして3度もロシアへ派遣され,合計7年7カ月を現地で過ごした。海軍薩摩閥の一員としてはやや異色キャリアを持つ人物。

(山崎有恒)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android