コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野元綱明 のもと つなあきら

2件 の用語解説(野元綱明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野元綱明 のもと-つなあきら

1858-1922 明治時代の軍人。
安政5年2月15日生まれ。横須賀鎮守府参謀,ロシア公使館付武官などをへて明治37年朝日艦長となり,日本海海戦で活躍。43年第一艦隊司令官。44年海軍中将。大正11年12月7日死去。65歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍兵学校卒。本姓は伊集院

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

野元綱明

没年:大正11.12.7(1922)
生年:安政5.2.15(1858.3.29)
明治大正期の海軍軍人。鹿児島県出身。明治14(1881)年海軍兵学校を卒業後,横須賀鎮守府参謀,軍令部出仕などを経て,37年戦艦「朝日」艦長に任じられ,日本海海戦では第1艦隊の主力となって活躍した。戦後少将に進み,43年第1艦隊司令官,さらに翌年中将。大正2(1913)年予備役へ編入。明治30年前後に大使館付武官などとして3度もロシアへ派遣され,合計7年7カ月を現地で過ごした。海軍薩摩閥の一員としてはやや異色のキャリアを持つ人物。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

野元綱明の関連キーワードブラジル文学安政の大獄ルーマニア文学宮嶋資夫宗谷本線日本共産党小林良典ペリー安田雷洲梁川星巌

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone