コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野元綱明 のもと つなあきら

2件 の用語解説(野元綱明の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野元綱明 のもと-つなあきら

1858-1922 明治時代の軍人。
安政5年2月15日生まれ。横須賀鎮守府参謀,ロシア公使館付武官などをへて明治37年朝日艦長となり,日本海海戦で活躍。43年第一艦隊司令官。44年海軍中将。大正11年12月7日死去。65歳。薩摩(さつま)(鹿児島県)出身。海軍兵学校卒。本姓は伊集院

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野元綱明

没年:大正11.12.7(1922)
生年:安政5.2.15(1858.3.29)
明治大正期の海軍軍人。鹿児島県出身。明治14(1881)年海軍兵学校を卒業後,横須賀鎮守府参謀,軍令部出仕などを経て,37年戦艦「朝日」艦長に任じられ,日本海海戦では第1艦隊の主力となって活躍した。戦後少将に進み,43年第1艦隊司令官,さらに翌年中将。大正2(1913)年予備役へ編入。明治30年前後に大使館付武官などとして3度もロシアへ派遣され,合計7年7カ月を現地で過ごした。海軍薩摩閥の一員としてはやや異色のキャリアを持つ人物。

(山崎有恒)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野元綱明の関連キーワード肝付兼行伊集院五郎伊集院俊上村翁輔児島惣次郎実吉安純鈴木寛之助野間口兼雄平野勇

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone