コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野呂理左衛門 のろ りざえもん

1件 の用語解説(野呂理左衛門の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野呂理左衛門 のろ-りざえもん

?-1719 江戸時代前期-中期の植林家。
家は代々陸奥(むつ)館岡村(青森県木造町)の豪農。天和(てんな)元年より津軽半島西岸の七里長浜とよばれる砂丘の植林をすすめ,その形から屏風(びょうぶ)山と名づけられた。新田開発,河川改修にもつとめた。享保(きょうほう)4年死去。通称は利左衛門ともかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野呂理左衛門の関連キーワード漂流町奉行チェコの要覧日本の国家公務員制度と天下りリヒテンシュタイン家組踊アジソン組踊塩見政誠新発田城

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone