コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

七里長浜 しちりながはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

七里長浜
しちりながはま

青森県北西部,津軽半島西部,日本海に面する海岸。十三湖の湖口から鰺ヶ沢にいたる約 30kmの砂浜で,背後には屏風山砂丘帯が迫る。冬季には激しい季節風に見舞われる。屏風山には江戸時代に弘前藩により造成された防風・防砂林があり,後背部に広がる津軽平野の水田を保護している。現在,砂丘地帯では,スイカやメロンの栽培が行われており,青森県農業試験場砂丘分場がある。津軽国定公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しちりながはま【七里長浜】

青森県西部,北は十三湖から南は鰺ヶ沢にかけての日本海に面する延長28kmの単調な砂浜海岸。背後に南北約30km,東西約4kmにおよぶ屛風(びようぶ)山砂丘が発達し,津軽藩の新田開発の際,防砂と水源涵養(かんよう)の目的で植林された松林で覆われている。昭和40年代以降砂丘地の開墾が盛んで,スイカ,メロン,ブドウ,野菜などが栽培されている。【横山 弘】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔青森県〕七里長浜(しちりながはま)


青森県津軽(つがる)半島の西海岸にある砂浜海岸。十三(じゅうさん)湖の湖口から南へ鯵ヶ沢(あじがさわ)湾口まで約29km続く。内側に幅3~4kmの屏風(びょうぶ)山砂丘が延びる。全域が津軽国定公園に属する。防風林の中に大小無数の沼沢が点在し、ハマナス・ミズバショウなどが群生する。砂丘の内側には縄文晩期を代表する亀ヶ岡(かめがおか)遺跡などの先史時代の遺跡群も点在。砂丘ではスイカ栽培などが盛ん。

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

七里長浜
しちりながはま

青森県津軽半島西海岸の鰺ヶ沢(あじがさわ)から十三(じゅうさん)湖にかけての砂浜をいう。延長28キロメートルの単調な海岸で、背後に屏風(びょうぶ)山の砂丘が発達する。砂浜のため港はなく、付近海上の漁獲にも恵まれない。また冬の海からの季節風が激しいために集落もほとんどみられない。津軽国定公園域に含まれる。[横山 弘]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の七里長浜の言及

【津軽半島】より

…半島の北東部は標高400~700mで半島の脊梁をなす津軽山地,南西部は十三(じゆうさん)湖に注ぐ岩木川の沖積地津軽平野からなる。平野西部は幅約4km,長さ約30kmに及ぶ屛風山(びようぶやま)砂丘からなり,その海岸部は七里長浜と呼ばれる。半島北端の竜飛(たつぴ)崎から袰月(ほろづき)海岸にかけては海岸段丘が発達している。…

※「七里長浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

七里長浜の関連キーワード青森県つがる市津軽びいどろ野呂理左衛門つがる(市)木造[町]車力[村]青森(県)つがる市海岸砂丘防風林湾口内側車力木造市浦沼沢

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android