コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野国総管 のぐにそうかん

3件 の用語解説(野国総管の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野国総管 のぐにそうかん

?-? 琉球の官吏。
本名は不詳。野国(嘉手納(かでな)町)は出生村名,総管は中国への進貢船の船員役職名。尚寧王17年(1605)中国から蕃薯(ばんしょ)(サツマイモ)をはじめてもちかえる。このイモは儀間真常(ぎま-しんじょう)により沖縄全島に普及し,のち薩摩(さつま)をへて日本全国にひろまった。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

野国総管

生年:生没年不詳
17世紀初頭,中国から初めて甘藷を琉球にもたらした人物。蕃薯大主(大恩人)と尊称されている。野国は出身村(沖縄県中頭郡嘉手納町野国)の村名。総管は中国に向かう貢船の乗組員の一役職名。姓名,経歴は不明。尚寧17(1605)年,総管は甘藷を鉢植えにして中国から持ち帰り,儀間真常に請われて甘藷の苗を分け与え,栽培繁殖の方法を伝授した。その後数年を経て飢饉の発生をみたとき,甘藷が主穀の補いとして大いに役立ち,やがて甘藷栽培が沖縄全域に普及した。尚敬39(1751)年総管の墓所(嘉手納町兼久)の一隅に「総管野国由来記」の碑が建立された。<参考文献>伊波普猷・東恩納寛惇・横山重共編『琉球国由来記』(琉球資料叢書1巻)

(葉山禎作)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

野国総管
のぐにそうかん

生没年不詳。総官とも書く。沖縄に初めて蕃薯(ばんしょ)(サツマイモ)をもたらした人物。「総管」とは沖縄(琉球(りゅうきゅう))から中国に派遣される進貢船の役職名で、「野国」は沖縄本島中部北谷間切(ちゃたんまぎり)(嘉手納(かでな)町)の村名であるから、野国総管は厳密な意味での人名ではない。1604年ごろ、進貢船の一員(総管)として中国福建省に赴いた彼は、かの地で蕃薯を得て鉢植えにして持ち帰った。これを知った儀間真常(ぎましんじょう)は、野国に会って蕃薯の栽培法を習い、これを沖縄中に広めた。五穀を補う食糧として大きな役割を果たすことになったが、やがて鹿児島に伝わり全国へと普及する。沖縄では唐芋(とういも)、鹿児島ではカライモ、全国的にはサツマイモの名でよばれるが、この点に伝播(でんぱ)の歴史が象徴されているといえよう。嘉手納町には野国の墓があり、その前面に顕彰碑「総官野国由来記」(1751)が建立されている。[高良倉吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

野国総管の関連キーワードカラッチ尚氏勅版吐蕃初頭慕容儀間真常仲村宇兵衛原田三郎右衛門前田利右衛門

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

野国総管の関連情報