コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野島青茲 のじま せいじ

美術人名辞典の解説

野島青茲

日本画家。静岡県生。名は清一。はじめ松岡映丘に学び、東美校卒業後、中村岳陵に師事。文展・新文展に出品を重ね活躍、高山辰雄らとともに一采社を結成し、日本画の革新運動を進めた。また、法隆寺金堂壁画模写に橋本明治班の一員として従事。日展特選。菊華賞・文部大臣賞受賞。日展会員。昭和46年(1971)歿、55才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野島青茲 のじま-せいじ

1915-1971 昭和時代の日本画家。
大正4年4月8日生まれ。松岡映丘(えいきゅう),中村岳陵に師事する。昭和16年高山辰雄らと一采社を結成。人物画を中心におもに日展で活躍,24年「博物館」,26年「仮縫」が特選,40年「母子像」が文部大臣賞を受賞した。昭和46年1月27日死去。55歳。静岡県出身。東京美術学校(現東京芸大)卒。本名は清一。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

野島青茲の関連キーワード昭和時代浦田正夫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android