野崎 啓造(読み)ノザキ ケイゾウ

20世紀日本人名事典の解説

野崎 啓造
ノザキ ケイゾウ

明治期の司法官 検事総長;貴院議員。



生年
嘉永5年2月(1852年)

没年
明治43(1910)年11月17日

出生地
安芸国(広島県)

経歴
明治8年司法省に出仕し、14年に検事となる。22年からフランス・ドイツを視察し、帰国したのちは横浜・東京の地方裁判所検事正や大審院検事などを歴任。この間、李鴻章狙撃事件(下関事件)や朝鮮の閔妃暗殺事件などの裁判に関わった。31年東京控訴院検事長となるが、法相と対立して辞任した横田国臣の後任として、同年11月検事総長に就任。37年に辞職したのち、貴院議員に選ばれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android