野沢節子(読み)のざわ せつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢節子 のざわ-せつこ

1920-1995 昭和-平成時代の俳人。
大正9年3月23日生まれ。カリエスとのたたかいの中で俳句にであい,大野林火に師事。命をみつめた清冽な句で知られ,昭和30年「未明音」で現代俳句協会賞,46年「鳳蝶(ほうちょう)」で読売文学賞。同年「蘭」を創刊,主宰。平成7年4月9日死去。75歳。神奈川県出身。フェリス和英女学校中退。
【格言など】自然とのかかわり合いの中に,生きる人間の血の原点,いのちの素肌をさぐりたい(「蘭」創刊号序文)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android