コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

野沢節子 のざわ せつこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野沢節子 のざわ-せつこ

1920-1995 昭和-平成時代の俳人。
大正9年3月23日生まれ。カリエスとのたたかいの中で俳句にであい,大野林火に師事。命をみつめた清冽な句で知られ,昭和30年「未明音」で現代俳句協会賞,46年「鳳蝶(ほうちょう)」で読売文学賞。同年「蘭」を創刊,主宰。平成7年4月9日死去。75歳。神奈川県出身。フェリス和英女学校中退。
【格言など】自然とのかかわり合いの中に,生きる人間の血の原点,いのちの素肌をさぐりたい(「蘭」創刊号序文)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

野沢節子の関連キーワード3月23日大野林火