野淵昶(読み)のぶち あきら

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

野淵昶 のぶち-あきら

1896-1968 昭和時代の映画監督。
明治29年6月22日生まれ。京都でエランヴィタール小劇場を結成し,演出家兼俳優として活動。昭和9年新興キネマ京都撮影所に入社。のち大映,東映などで活躍。「夫婦二世」「好色五人女」など女性を主人公にした作品をおおく手がけた。昭和43年2月1日死去。71歳。奈良県出身。京都帝大卒。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野淵昶の関連情報