コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金井鳳台 かない ほうだい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金井鳳台 かない-ほうだい

1766-1829 江戸時代中期-後期の医師。
明和3年佐渡(新潟県)の商家に生まれる。家業を養子にゆずり,京都で眼科医術をおさめ,儒学をまなぶ。帰郷して医業にたずさわり,かたわら子弟におしえる。字義音韻に精通し,「発字四声便蒙解続集」をあらわした。文政12年2月16日死去。64歳。名は直方。字(あざな)は文思。通称は弥平治。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金井鳳台の関連キーワード浮世草子円山応挙ピウス8世ユゴードールトン怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)ジングシュピール中興俳諧ナンシー(フランス)ブラック(Joseph Black)

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android