金剛子(読み)コンゴウシ

大辞林 第三版の解説

こんごうし【金剛子】

コンゴウジュの実。球形で黒く、きわめて堅い。数珠の玉にする。 「 -の数珠の玉の装束したる/源氏 若紫
「金剛仏子」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こんごう‐し コンガウ‥【金剛子】

〘名〙
① コンゴウシノキの種子の称。黒色で堅く丸く、六つのかどがあり、数珠(じゅず)玉や装飾品に用いる。
※慈恵大僧正御遺告(972)「念珠 菩提子二連〈略〉金剛子一連」 〔慧琳音義‐三五〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android