金剛宥性(読み)こんごう ゆうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金剛宥性 こんごう-ゆうしょう

1821-1895 江戸後期-明治時代の僧。
文政4年生まれ。真言宗紀伊(きい)根来(ねごろ)寺(和歌山県)などで信海らにまなぶ。明治8年京都醍醐寺(だいごじ)座主(ざす),23年京都智積院(ちしゃくいん)43世,根来寺大伝法院座主となった。明治28年1月13日死去。75歳。安房(あわ)(千葉県)出身。俗姓は小川。字(あざな)は智友。号は不可得,如意金剛。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android