コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金天海 きん てんかい

4件 の用語解説(金天海の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金天海 きん-てんかい

キム-チョンヘ

金天海 キム-チョンヘ

1898-? 朝鮮の革命運動家。
光武2年生まれ。大正9年来日し,在日本朝鮮労働総同盟委員長,朝鮮共産党日本総局責任秘書となり,2回検挙される。戦後は日本共産党政治局員,在日本朝鮮人連盟最高顧問。昭和24年連盟解散,公職追放となって,翌年朝鮮民主主義人民共和国に脱出,朝鮮労働党中央委員などの要職につく。1970年代以降の消息は不明。慶尚南道出身。本名は鶴儀。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

きんてんかい【金天海 Kim Ch‘ŏn‐hae】

1898‐
朝鮮の革命家,在日朝鮮人運動の指導者。本名金鶴儀。慶尚南道生れ,1922年渡日,同年東京朝鮮労働同盟会の結成,25年在日本朝鮮労働総同盟(略称,在日本朝鮮労総。最大時に盟員4万)の結成に参加。在日本朝鮮労総委員長,朝鮮共産党日本総局責任秘書として活動,28年8月29日の国恥記念闘争に関連して同志36名とともに検挙,起訴され服役。37年出所後,東京で刊行されていた《朝鮮新聞》の確立,発展に努めたが,人民戦線運動に関連したとして再び検挙され45年10月まで獄中生活を送る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

金天海
きんてんかい / キムチョンヘ
(1898―?)

北朝鮮の政治家、在日朝鮮人の共産主義指導者。慶尚南道(けいしょうなんどう/キョンサンナムド)蔚山(うるさん/ウルサン)出身、本名金鶴儀(きんかくぎ)。1920年(大正9)渡日し、1922年東京朝鮮労働同盟会実行委員、1925年朝鮮人マルクス主義団体「一月会」メンバーとして在日本朝鮮労働総同盟を組織。1928年(昭和3)第四次朝鮮共産党日本総局の責任秘書となったが、検挙され懲役6年。出所後、日本共産党に入党して再検挙された。1945年10月、徳田球一らと府中刑務所から釈放され、在日本朝鮮人連盟創立に参加して最高顧問に推された。また再建日本共産党の中央委員、政治局員、朝鮮人部長に就任し、全国を遊説して朝鮮人を大量入党させた。1949年9月、在日本朝鮮人連盟解散、公職追放処分を受けて、北朝鮮に逃れた。1956年以後、朝鮮労働党、最高人民会議、祖国統一民主主義戦線、祖国平和統一委員会等の役職についたが、1970年代以降消息不明。[玉城 素]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone