コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金子鶴村 かねこ かくそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金子鶴村 かねこ-かくそん

1759-1841* 江戸時代後期の儒者。
宝暦9年生まれ。皆川淇園(きえん)の門にまなぶ。加賀(石川県)小松の郷校集義堂の教授をつとめ,文化元年(1804)から金沢藩の重臣今枝氏につかえた。天保(てんぽう)11年12月24日死去。82歳。加賀出身。名は有斐。字(あざな)は仲豹,君仲。通称は吉次,劉助。別号に絢斎。著作に「詩経訓解」「能登遊記」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

金子鶴村の関連キーワードフェルディナンド1世[両シチリア王国]天保の改革ポンバルスミートンナポリ王国ハレ・ウィッテンベルク大学細井平洲ボルテールワシントン(George Washington)キュー王立植物園

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android