コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

金岡用兼 きんこう ようけん

1件 の用語解説(金岡用兼の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

金岡用兼 きんこう-ようけん

1436/38-? 室町-戦国時代の僧。
永享8/10年生まれ。11歳で出家し,のち曹洞(そうとう)宗に帰依(きえ)。大庵須益(だいあん-しゅえき),為宗仲心(いそう-ちゅうしん)にまなび,仲心の法をつぐ。阿波(あわ)(徳島県)慈雲寺(丈六寺)などの開山(かいさん)となり,越前(えちぜん)(福井県)永平寺の伽藍(がらん)再建にもつくす。永正(えいしょう)12年(1515)11月15日行脚(あんぎゃ)にでたまま行方不明となった。讃岐(さぬき)(香川県)出身。俗姓は戸田。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

金岡用兼の関連キーワードフードバンク「山谷農場」足利義政フス戦争本覚寺本法寺クールトトメス[3世]足利義政飛鳥井雅康斯波義郷

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone