コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

本法寺 ホンポウジ

世界大百科事典 第2版の解説

ほんぽうじ【本法寺】

京都市上京区にある日蓮宗の寺。叡昌山と号する。〈なべかむり〉の法難で有名な日親が,康正年中(1455‐57)に開創した寺で,もとは四条綾小路にあった。日親はこの寺を伝道活動の本拠とし,さらには諸地方に散在する一門の寺々の本山として位置づけた。1484年(文明16)には日親みずから〈本法寺法式〉を定め,87年には本法寺縁起を著してみずからの事跡を記し,伽藍の大改築を発願している。この後,京都をはじめとする日蓮宗の隆盛とともに発展し,京都二十一ヵ本山の一つとして重要な役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

本法寺
ほんぽうじ

京都市上京(かみぎょう)区本法寺前町にある日蓮(にちれん)宗の本山。1436年(永享8)日親の創立で、初め東洞院綾小路(ひがしのとういんあやこうじ)にあったが、足利義満(あしかがよしみつ)の忌諱(きき)に触れて日親は投獄され、寺は破却された。その評判が後花園(ごはなぞの)天皇の耳に達し、1455年(康正1)四条高倉に官地を賜って再建したが、5年後東福寺の訴えによってふたたび破却され、三条万里(までの)小路に移建した。1587年(天正15)第10世日通のとき豊臣(とよとみ)秀吉の区画整理により現在の地に移転した。その後、紀伊(きい)徳川家の代々の保護を受け、また本阿弥(ほんあみ)家も菩提(ぼだい)所として外護(げご)した。本堂正面の扁額(へんがく)「本法寺」は光悦(こうえつ)の揮毫(きごう)、巴(ともえ)の庭は光悦の造園である。近世初頭の優れた美術品を数多く蔵する。[浅井円道]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

本法寺の関連キーワード三遊亭円歌(3世)五十嵐道甫(初代)法華経変相図長谷川等伯日相(2)寺之内通り五十嵐信斎狩野山楽日親上人表千家流禁演落語等伯画説銭舜挙今日庵不審庵千少庵光悦寺表千家日通日印

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

本法寺の関連情報