コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大和四座 やまとしざ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大和四座
やまとしざ

大和地方に存在した4つの猿楽座をいう。すなわち,坂戸座,円満井 (えまい) 座,外山 (とび) 座,結崎 (ゆうざき) 座であって,のちにそれぞれ金剛,金春,宝生観世となる。鎌倉時代末期~室町時代初期に,南都の春日神社興福寺に奉仕する奉仕者集団 (職業的猿楽師) として,興福寺の修二月会や春日神社の薪 (たきぎ) 猿楽などを演能。いちばん古いのは円満井座で竹田の座ともいわれた。また結崎座からは,観阿弥世阿弥の父子が現れ,足利義満をパトロンとして,田楽延年の能などを取入れ,猿楽の能を大成したことはあまりにも有名である。以後,幕府の式楽として繁栄した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

大和四座【やまとよざ】

大和猿楽

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やまとしざ【大和四座】

大和猿楽の四座。すなわち結崎ゆうざき(のちの観世)・外山とび(のちの宝生)・円満井えんまい(のちの金春こんぱる)・坂戸さかど(のちの金剛)の四座をいう。春日神社に属した。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

大和四座の関連キーワード近江猿楽喜多流

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大和四座の関連情報