コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

竹田座 たけだざ

世界大百科事典 第2版の解説

たけだざ【竹田座】

大坂でからくりを上演した芝居。1662年(寛文2)に初世竹田近江(おうみ)が大坂の道頓堀に創設した芝居小屋で,1768年(明和5)まで存続した。初めは道頓堀太左衛門橋南詰東入る立慶町にあったが,1733年(享保18)には類焼によって東隣へ移り,63年(宝暦13)には道頓堀岡側へ移転し,小屋自体は明治までつづいた。人形,屋台,道具などが機械,水,糸などの仕掛けによって自然に動くからくりを中心の見世物とし,その間に,女性による狂言,子供芝居,踊りなどを挿入して変化をはかり,大坂道頓堀の名物として観客を集めた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の竹田座の言及

【人形劇】より

…10代目の孫三郎は芥川竜之介の《杜子春》を脚色上演して注目されたことがある。竹田人形座(竹田座)は1660年(万治3)ころに竹田出雲(いずも)が大坂につくり,糸操り,からくり,手遣い人形などで興行したが,8代目でつぶれたのを,竹田三之助が1955年に復興し,《雪ん子》を発表して注目され,海外へも進出した。 人形劇の国際的な連盟組織として,ウニマUNIMA(Union internationale de la marionnetteの略)が結成されたのは1929年チェコのプラハにおいてだった。…

※「竹田座」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

竹田座の関連キーワード坂東三津五郎(初代)小川吉太郎(初代)竹田近江(初代)竹田近江(2代)桐竹門造(4代)竹田近江(3代)大和猿楽金春流

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

竹田座の関連情報